「使ってみた」「食べてみた」のネタがいっぱい。SNSのための無料体験サイト

asagake 体験オファーを掲載する
ログイン
+1
Pin
Share
使ってみて

Periodic Audio(ペリオディックオーディオ)社の最新イヤホンを体験!

Periodic AudioからリニューアルモデルMg-G2, Ti-G2, Be-G2が発売されました。
Mg(マグネシウム)、Ti(チタン)、Be(ベリリウム)
ドライバー(振動板)の素材にこだわった3タイプのユニークなイヤホンです。


【ブランド】Periodic Audio(ペリオディックオーディオ)社について
米国カリフォルニア州を拠点とするPeriodic Audio社は2017年に設立された最新鋭IEM専門メーカーです。
創立者のDan Wiggins氏はトランスデューサーの専門家として、長年マイクロフォン、ヘッドフォン、スピーカーの設計に従事した豊富な経験を持ち、過去、オーディオメーカー Sonos社、Doppler Labs社、Blue Microphone社、 Monster社(BEATS)などで振動板(ドライバー)等の開発・設計を担い、また多くの特許技術を所有しています。2016年、彼自身のIEMを製作する事を決断、振動板の素材の違いのみで異なるサウンドを生むIEM 3種類が生まれました。同年11月、ロッキーマウンテン・オーディオフェストショーにて参考出品された3種類のIEM, Mg(マグネシウム)、Ti(チタン)、Be(ベリリウム)は高く評価され、2017年1月に米国で正式に発売されました。

【製品】金属素材が異なる3タイプのイヤホン
Mg-G2 Magnesium IEM(Mg-G2マグネシウムIEM)
マグネシウム素材の振動板を使用した10mm径のダイナミックドライバー搭載。
十分な低音域に伸びのある中・高音域を持ち、抜けの良いサウンドが特徴です。

Ti-G2 Titanium IEM(Ti-G2チタニウムIEM)
チタニウム素材の振動板を使用した10mm径のダイナミックドライバー搭載。
正確な振動が特徴のチタニウム。各楽器の音を正確に聞き分けたい、音源の正確なモニタリングにおすすめです。

Be-G2 Beryllium IEM(Be-G2ベリリウムIEM)
ベリリウム素材の振動板を使用した10mm径のダイナミックドライバー搭載。
低音域から中・高音域まで原音を繊細に再生。音場、解像度に優れたIEMです。

各モデルは振動板以外の仕様はすべて共通です。
仕様
・周波数特性:16 Hz to 30 kHz(Mg), 20 Hz to 30 kHz(Ti), 12 Hz to 45 kHz(Be)
・インピーダンス:32 Ohms
・感度:96~101 dB

付属品
・シリコンイヤーチップ3ペア(S/M/L)
・ダブルフランジ・シリコンイヤーチップ3ペア(S/M/L)
・フォームイヤーチップ3ペア(S/M/L)
・ステレオ標準変換プラグ
・航空機機内用 イヤホンアダプター
・専用ケース

[参考販売価格]
Mg-G2 ¥11,880(税込)
Ti-G2 ¥21,600(税込)
Be-G2 ¥32,400(税込)
https://www.miyaji.co.jp/MID/C-audio/brand.php?brand=Periodic%20Audio
体験オファー
新製品Periodic audio Mg-G2/Ti-G2/Be-G2のうちいずれかひとつ。
製品の写真と実際にご使用になった感想を含めて、InstagramやTwitter、blogなどのSNSでご紹介ください。

※エントリーを頂いた方の中から抽選で5名の方にご提供させて頂きます。
エントリー
エントリー